フォト
無料ブログはココログ

« G5RV ハーフサイズ MFJ1778M | トップページ | QRP Loop tuner MFJ-9232 テスト アパマンには最高かも VY FB »

2017年4月30日 (日)

MFJ1778M ハーフサイズ G5RV SWR調整 なかなかいい感じになりました。フルサイズが建ててみたくなった

G5RVを7MHzをメインに使用したいため、7MHzバンド内で少しでもSWRが落ちるように調整しました。まず調整前にSWRを測定すると6.7MHZ台でSWRが2.4ぐらいで、±100KHzでSWRが2.6です。あと400KHzほどあげてやればちょうど7MHz帯でいい感じになりますね。他のバンドも同じように動けばよいのですが・・・・・

ネットで調整の方法を調べると450Ωのラダーラインの調整とエレメントの調整のようですが、ラダーラインをカットしてしまって悪くなったらいやなので先ずはエレメントの長さをカットすることにいたしました。MFJ1778Mのエレメント先端は圧着端子で接続されているため、切断してからエレメントを両端10cm折り曲げました。結果としてはもう少し折り曲げるべきでした。

これで、SWRアナライザー MFJ259Bで測定した結果が下記になります。

7.0MHz~7.2MHz  2.5~2.8

10.1MHZ~10.15MHZ  3.7

14.0MHz~14.35MHz  1.6~2.0

18.1MHz   3.0

21.2MHz   2.7

24.9MHz   2.6

28.0MHz~29.3MHz  1.5~2.4

50.0MHz~52MHz    1.8~2.0

144MHz~146MHz    1.0~1.2

FM放送バンド         1.3~1.8

エアーバンド          1.0~1.4

7MHz以外の周波数14MHzも同じようにSWRが上に移動しました。

*中波放送局、短波帯の放送局もよく強く入感していました。

関東地方の810KHzFENも59+、954KHzの民間放送も59+で良好です。

アマチュアバンドでの実際の交信と受信で感じたことは、7-14MHzまでで使用しましたが水平系なのでノイズも少なくFBです。

21MHzで今日、T88DXが入感していましたのでコールし交信できました。バーチカルアンテナと聞き比べましたが、G5RVはT88DXに対しては同等の信号強度でした。21MHzk通常のダイポールが条件の良い比較ができるのですが、今日の時点では無理でした。7MHzで実際の交信で良い結果がでているので満足しています。

アンテナ:MFJ1778M

SWRアナライザー:MFJ259B

下記のお店でネット通販で購入いたしました。調整のアドバイスも受け助かりました。

http://www.radio-part.com/  ラジオパーツジャパン (私の町のネット通販会社)

TNX

« G5RV ハーフサイズ MFJ1778M | トップページ | QRP Loop tuner MFJ-9232 テスト アパマンには最高かも VY FB »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になり有難うございます。G5RVハーフサイズをお宅のバルコニートップと空間を有効にお使いになられ、いつもながら見事に調整されましたですね。さっそくリンクを張らせていただきご紹介させていただきます。今後とも参考にさせていただきます。MANI TNX、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582976/65218504

この記事へのトラックバック一覧です: MFJ1778M ハーフサイズ G5RV SWR調整 なかなかいい感じになりました。フルサイズが建ててみたくなった:

« G5RV ハーフサイズ MFJ1778M | トップページ | QRP Loop tuner MFJ-9232 テスト アパマンには最高かも VY FB »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30